白髪染めシャンプーのまとめ。比較やランキングンなど。

白髪染めシャンプーではないですが、ムースタイプのヘアカラーもあります。

白髪染めシャンプーも便利で手軽なのでグッドですが
白髪染めヘアカラートリートメントもどんどん進化してます!


白髪染めヘアカラートリートメント
「キラリ(煌髪)」は濃厚泡のムースになって新登場

http://www.nanoegg.jp/kirari/





白髪染めヘアカラートリートメントの世界が変わりはじめています。

クリームタイプから濃厚泡のムースタイプへ!

白髪染めシャンプーのランキング

最近、徐々に人気が出始めている白髪染めシャンプー

最初はちょっと理解できなかったんです。
だって、シャンプーは普通は髪の毛についた汚れを落としたり頭皮の地肌をきれいにしたりするもの。

そのシャンプーしながら白髪染めができてしまうなんて・・・。
いまだにその原理とか科学的なことはよくわからなくって、でも少なくとも言えることはいつもやっているシャンプーと同じ行動で、同時に白髪染めができてしまうなんて!!

この省力化というか、時短化とでもいいますか、これってちょっと注目ですね!

白髪染めシャンプーのランキング



「別にシャンプーでもリンスでもトリートメントでも、染まるんならなんでもいい・・・」
という人はこちらもどうぞ! → 白髪染めヘアカラートリートメント ランキング比較


以下のランキングですが、当サイトでクリック数の多い順にランキングにしています。

1位 利尻カラーシャンプー

利尻カラーシャンプーの詳細をチェック!

利尻カラーシャンプーの特長。

大ヒット中の利尻ヘアカラートリートメントを生み出した自然派clubサスティ(株式会社ピュール)の無添加白髪染めシャンプー。TVCMやインフォマーシャルで注目度アップ!
頭皮や髪に優しい利尻昆布を主とした成分を使った品質に、これ一本で洗うと染めるが済んでしまうという。
初回限定のお試し価格とプレゼントが嬉しい!4色選べる。


>> 利尻カラーシャンプーの詳細をチェック!


2位 グローリン・ワンクロス

グローリン・ワンクロス|週1回のシャンプーで白髪染め!

グローリン・ワンクロスの特長。

グローリン・ワンクロスは知名度はないんですが、ひょっとしたら一番染まるかもしれません。
白髪染めヘアカラーにしても、白髪染めシャンプーにしても、たいがいは「2,3回続けて使うことで徐々に染まる」という解説があると思いますが、このグローリン・ワンクロスは週1回で染まる、と言い切っています。
なかなかこういう堂々と言い切っている商品は無いです。
実際に某口コミサイトなどを見てみても投稿数こそは少ないですが、染まる!というレビューはこの分野の他商品と比べても比較的多く目につきます。
ただし、ひとつ注意点があって、けっこうテクスチャや手触りがトロトロで液体に近いようなので、上手くやらないとシャンプーとして泡立てる前に液垂れしてしまうようです。
これさえ気をつければ、きっと良い結果が得られるかも!

よく白髪染め商材で、浴室の床などに色がついてしまう、とかクレームしている人がいますが、あったりまえですよね、染めるようにできているんだから!

>> グローリン・ワンクロスの詳細をチェック!



3位 黒耀シャンプー&ヘアパック

黒耀シャンプー&ヘアパックの詳細をチェック!

黒耀シャンプー&ヘアパックの特長

販売されてから11年のロングセラー商品。

黒耀は奄美大島の恵み車輪梅(シャリンバイ)を配合した植物色素で徐々に白髪を染めていスタイル。

化学系の染毛剤は一切使用されておらず、地肌や髪にやさしい成分。毎日のシャンプーとヘアパックの繰り返しで時間をかけてゆっくりじっくりと仕上げるタイプです。

>> 黒耀シャンプー&ヘアパックの詳細をチェック!


4位 螺髪EX

螺髪(らはつ)EXの特長

シャンプーとヘアパックの繰り返しで時間をかけて白髪染めを仕上げる事になります。染料は「ヘナ」「ヘマテイン」の二種類の天然成分。普通の白髪染めのように手に色がつくことはないとのこと。


通常は1ヶ月ぐらいで染まりますが、時間のかかる人も二、三ヶ月続けることで染めを実感できるとのこと。

>> 螺髪EXの詳細をチェック!


.


これまで市販でシャンプーはシャンプーとして、白髪染めは白髪染めとして市販のものの費用もかかっていたし、当然、美容院通いもしなければならないから、その費用もかかっていて・・・で、白髪染めシャンプーって?
これって、これらの費用が全部まとまるってこと?
かなりコスト的には安くなりますね。こんなに便利でコストパフォーマンスもよくってって、これはかなり画期的な出来事ですね!
口コミなど見ると、正直いって染まる染まらない、で賛否両論ですが、いい感じ!と評価する口コミしている人は、どうやら普段のシャンプーと同じように量的にチョビっとしか使っていない感じです。
しっかり染まるためのコツとしては、ケチケチせずに大玉でたっぷり使ってみることをおすすめします。
「もったいない?」
いや、美容院の染毛の料金と比較すれば・・・。






白髪染めシャンプーの“染める力”については化学的処理を伴う美容室等で行われる染毛法と比較して、どうしても限界があると言わざるを得ません。 毛髪や頭皮に優しい良質な成分が用いられているので、髪の健康状態は良くなりますが(個人差あり)、白髪染めの染める機能はなかなか厳しいのが現実です。

シャンプーではなく【トリートメント】タイプの白髪染めヘアカラートリートメントもあり、じっくりと使用することができるので【トリートメント】のほうが染まり方はよいと言われます。
泡のムースタイプで、よりしっかり染める力をアップさせている新商品も登場しています。
よかったら下記もあわせて読んでみて下さい。


白髪染めヘアカラートリートメントのランキングもチェック!

白髪染めヘアカラートリートメント ランキング比較


白髪染めヘアカラートリートメント「キラリ(煌髪)」は濃厚泡のムースになって新登場!

http://www.nanoegg.jp/kirari/







ところで・・・

一旦、生えてしまった白髪は染めたり、ダメージケアすることぐらいしかできません。だから、これから生えてくる毛髪のために、頭皮の環境をできるだけ良くすることも大切です。

白髪“防止”のためのシャンプーもあります!
(わたしも使ってます!)



http://www.uruotte.com/media/



利尻 白髪染めシャンプー

白髪染めヘアカラートリートメントのリーダーとして市場を作ってきたのがサスティのヘアカラートリートメント。この商品もまだ売れ続けていますが、今回は更に省力化とコストパフォーマンスを強化したシャンプーでの新登場。
気になるのはその白髪染めの機能ですね。また、シャンプーの代わりなのだから、これを使った後に「やっぱりもう一度洗わないとダメ」とかになるとよろしくありません。そこら辺はどうなんでしょうか。
公式販売サイトをのぞいてみましたが、やはりヘアカラートリートメントと同じで一回ですぐに全部染まるといった機能は期待できません。ただし毎日使い続けることによって染めの色が定着し、その後も使い続けることで安定知るようです。
具体的には毎日使って(今どき毎日頭を洗わない人も少ないですよね)大体3回めありたから染まり始めて、14回め(つまり2週間後ということですね)あたりには定着するようです。
シャンプーとしてはノンシリコンで天然成分も豊富に使っているので頭皮や毛髪に優しくスッキリと洗い上がるようです。男性にもおすすめできるとのこと。
コンディショナーも販売されています。これを使うことでさらに色の染の定着を強めてくれるようです。
現在販売価格は初回に限り格安になっています。新しい季節を前にお出かけすることも増えている人はお試し価格でシャンプーの毛染めを体感してみては!?

初回限定キャンペーン★今だけ1000円OFF![白髪用]利尻カラーシャンプー

白髪染めシャンプー 市販

白髪染めシャンプーで、ドラッグストアや薬局で市販されているものは、正直どんなものがあるのか銘柄はあまりよく知りません。
いろいろ調べてみるのですが利尻白髪染めシャンプーのように、純粋に白髪染めシャンプーという商品は少なくて、通販されているものでも、ほとんどがノンシリコンのシャンプーで色素吸着性を高めておいてヘアパックという、シャンプー&ヘアパック(もしくはトリートメント)のセットで染める手法のようです。

おそらく今後利尻ヘアカラーシャンプーは市販として店頭でも販売されるようになるとは思うのですが。
(先行商品のヘアカラートリートメントは、店頭でも販売されています)

ホーユー、ビゲンの白髪染めリンスも、よくよく調べてみると、リンスとヘアカラートリートメントとで、言葉として入れ替わっているだけで、シャンプーそのもので白髪を染めるということはありません。この白髪染めリンスは口コミを見てみると、やはり酸化染毛剤を使ったビゲンの他のシリーズには効果は劣るようです。

楽をしてコストも安くって、ということであれば、白髪染めシャンプーがいちばん労力もコストも掛からないので、これがベストのように思えますが、他の白髪染めヘアカラートリートメントも結局はシャンプーが必要になるわけです。

市販の白髪染めシャンプーが、今後どこまで出てくるか、はまだまだわからない部分がありますね。
白髪染めヘアカラートリートメント「キラリ(煌髪)」は濃厚泡のムースになって新登場!

http://www.nanoegg.jp/kirari/