ヘアカラートリートメント 低刺激

ヘアカラートリートメント、低刺激でかぶれにくいアイテムをピックアップ

このページでは白髪染めヘアカラートリートメントで、頭皮、地肌への影響が考慮され、低刺激でアレルギーやかぶれにくいアイテムをいくつか紹介しています。

いずれも大量生産では得られない贅沢な成分配合の商品となっており、その意味では価格的にはどれもやや高めに感じるかもしれませんが美容室にいかずに家庭で高品質なアイテムを使うことができる、という大きなメリットがあります。

もっと詳しく、という場合は、当サイト内のこっちのページでも取り上げているので読んでみて下さい。
白髪染めヘアカラートリートメントの比較


自然の成分を活用したり、独自のノウハウや事前のモニターによるパッチテストによって、リスクを抑えているヘアカラートリートメント達です。
(もうよくお判りのことかと思いますが、100%保証できる、と言うものではないので、実際に購入して使う場合にはご自分でパッチテストを行って使用して下さい。)


LPLP(プルプル)

ダメージゼロ」と言い切るアレルギーパッチテスト済みのヘアカラートリートメントです。
実際、楽天でもよく売れている商品。自社調査ではありますが地肌への優しさは96%の人が実感しています。弱アルカリ性で、肌・毛髪に優しく、比較的染めやすい。
無香料、無鉱物油、タール系色素、ジアミン系酸化染毛剤不使用の無添加処方。
劣化しにくい特許取得済みのパッケージング。
全額返金保証キャンペーン実施中
http://www.626214.com/
※LPLPルプルプの公式サイト

ルプルプ(LPLP)には濃厚泡ムースタイプも新登場!
http://www.626214.com/ad/foam/


キラリ(煌髪)

あまり多くを書きませんが、キラリ(煌髪)の開発者の山口先生は聖マリアンナ医科大学 難病治療研究センター診断治療法開発・創薬部門に所属する准教授です。具体的に言うと、ガードの固い人間の皮膚から、必要な薬効成分を必要とする部分のみに到達させる、といった研究開発を日夜実施されているわけです。何が危険か、そうでないか、をギリギリまで見極めるようなお仕事をされています。
ジアミン不使用、ノンアルコール仕様、肌に近い弱酸性。
http://www.nanoegg.jp/kirari/


POLAグローイングショット ヘアカラートリートメント

最近のPOLAの躍進には目をみはるものがありますね。スキンケアはもちろんヘアケアの分野でもPOLAの勢いは止まりません。その背景にあるのは人間の肌や身体と向き合って実績を積み重ねてきた研究開発。この安心感は大きいですね!
ジアミン系染料はもちろん不使用。
http://net.pola.co.jp/beauty/


利尻ヘアカラートリートメント

白髪染めヘアカラートリートメントの市場を作ってきたのは、このサスティの利尻ヘアカラートリートメントと言い切っても過言ではないでしょう。シリーズ累計1,500万本という実績、市場の先駆者です。
安全か?そうでないか?については、この販売実績が一番ものをいっているのではないでしょうか。刺激性が強い商品ならばそれなりの評価を受けるはずですから。
ジアミン、タール系色素、パラベン、酸化剤、シリコーン、香料、鉱物油は無添加。
http://www.sastty.com/


髪萌(はつもえ)ヘアカラー HATSUMOE

公式サイトに掲載されてますが、雑誌のヘアカラートリートメントの比較特集の中で、非常によい評価が出ています。あくまで自社アンケーの結果ですが、93%の人が「頭皮へのストレスを感じない」と答えています。
パラベン、ジアミン系色素、鉱物油、法定色素、酸化剤は不使用。クチナシの天然色素を使用。
ハーブ成分によって地肌の生きる力を活性化。
30日間返金保証あり
http://hatsu-moe.com/

ヘアカラートリートメント、低刺激なものは?

肌につけるもので刺激があるということの恐怖感、これは分かる人にしかわからないものがありますよね。
いったんその刺激によってアレルギー反応などでた場合には、表に出るのが嫌になりますし、接客業や営業の人であれば、これでは仕事にならないです。

まあこういう恐怖感もありますが一方で、ことはそれだけにとどまらず、もっと深刻な問題になる可能性もあります。
アレルギーって、要するに蓄積されるもの。
長期的にいろんな物質に触れ続けている結果だったりします。
昔は無かった、と言いますが、要するに自然界には本来存在していないか、あるいは肌に触れることのなかったような物質が「キレイになりましょう!」なんてテレビCMで美しい言葉遣いで推進されている時代。
知らず知らずのうちに、いろんな物質との付き合いの蓄積、そしてその物質への警戒感の高まり。→ある日突然のアレルギーの発症・・・。

白髪染めヘアカラートリートメントも、配合されている成分には十分にこだわって選んだほうが良いですね!


ヘアカラートリートメント 低刺激 無添加

低刺激な白髪染め、欲しいですよね・・・。
まずはヘアカラートリートメントかシャンプーを選ぶとよいと思います。

でもそのヘアカラートリートメントかシャンプーの中でも、きちんとアレルギーパッチテストに力を入れてエビデンスをとっているものは少ないと思います。
正確には、無添加であっても植物由来の成分配合であっても、アレルギーが出るかでないかは保証の限りではないのでここにはタッチしないようにしているのかな・・・なんて思います。

で、その状況であえてしっかり販売ページにアレルギーパッチテスト済みを銘打ってくるものがあります。

これはここまでやるヘアカラートリートメントかシャンプーがあるのなら
もし自分の地肌が敏感肌であったりアレルギー体質だったりするのなら
一度お試ししてみる勝ちはありますよね。


そういった低刺激にこだわって、しかも人気の高い白髪染めヘアカラートリートメントがあります。
→ 「ダメージ0のルプルプ」


ルプルプ(LPLP)には濃厚泡ムースタイプも新登場!
http://www.626214.com/ad/foam/