キラリ(煌髪)の評判は?マスコミ報道など

聖マリアンナ 白髪染めキラリ(煌髪)の評判とマスコミ報道


what's new!  “染める力”がパワーアップ!新しくなった煌髪



50代〜60代の方に評判が良いそうです。 (・∀・)b

※個人的には、白髪対策だけじゃなくてオシャレでちょい茶髪に染めたいけど でも髪のヘタリとか嫌だし・・・ というような30代にも
 やや明るめに染まる「ダークブラウン」だったらオススメです。
  (商品開発者の山口先生の大学生お嬢さんもユーザーw)


私自身(40代夫婦でw)がユーザーであり、その白髪染め機能や髪の毛を育む機能、そして何よりもその安全性に対して安心して使えている
という事実があるわけですが世の中的にはどんな感じかな、と思っていましたら、上記のようなマスコミ報道がありましたのでこのサイトに訪問して
下さった皆さんにも共有します。

このサイトを読んで煌髪を買った人もたくさんいるとは感じていましたが、1万本も売れているとは!
ちょっと驚いています。

というのは、やはり新しいブランドなので知名度がないし、何よりも「煌髪」が読めない、漢字変換で出てこないw

上記の記事が書かれたのはたぶん3月下旬ぐらい。それからまた時間も経っているので、更に販売数は増えているのでしょう。

よいものなら、自然と口コミやレビューなどを通じて広がっていくのがネット社会なのかもしれません。



煌髪(きらり)のライバルとなる白髪染めカラートリートメントをランキング形式で比較

聖マリアンナ 白髪染めキラリ(煌髪)の留意点

聖マリアンナの白髪染め「キラリ(煌髪)」を利用するにあたっての留意点を、実際に使っている
立場から書いてみたいと思います。


人はなにか不満や文句を言いたいときには、背景として「期待値」と「実際」との
ギャップが生じている場合があります。


皆さんは、イヤイヤながらも白髪染めといえば、美容室でのあのアンモニア臭を想像し
でもきっちり根元まで染まっていることを確認し満足してきた経験があるわけです。
だから、新しい白髪染めを目の前にした時に、これを基準に評価しようとする。


で、「キラリ(煌髪)」。

これはまったく美容室のギンギンの手法とは異なるものなんです。


染め方も、浸透機能も、どちらもやり方が違うんです。
人の身体を良くする研究をしているスタッフ(聖マリアンナ医科大学在籍)が作った
ものだから毛髪の表面を叩き壊して染める、という発想がそもそも無いわけです。


だから、一週間ぐらい使い続けて、その時点で仕上がってくるので
ちょっと即効性、という訳にはいかない商品なんですね。


この「キラリ(煌髪)」の姉妹商品と言ってよいと思いますが
「ほうれい(豊麗)」というスキンケアのアイテムがあります。

大学の皮膚科学研究チームが開発した口元エイジングケア美容液「ほうれい」

この商品のレビューを読むと、芳しくないんです。
で、いろいろ読み込んでみましたが、一言思ったのは

「みんな慌てすぎ!w」

結果を急ぎすぎている・・・。気持ちはわかりますが。


自分の身体をなんだと思ってるの?
女子だったらターンオーバーって言葉を知っているでしょ?
お肌って1ヶ月ぐらいかけて内側から入れ替わっているわけです。
毛髪は“死んだ細胞”ということなんですが、地肌はビンビンに生きている。


ということで、聖マリアンナのキラリ(煌髪)を使う時も
慌てちゃダメダメ、ぐりとぐらw

で、実際のところ、こんな書き方をわざわざしなくてもいいほどに
白髪は適度に染まっていきますから、安心して使ってくださいね。



キラリ(煌髪)は濃厚泡のムースになって新登場!


医大発“髪を育む”白髪染め「煌髪(キラリ)」。シャンプー前の10分早染め・手袋要らず!